Idea

御厨 (みくりや)

少し前に家族で遠出した際、メモ代わりにパチリ。

高速道路で妻が紅茶を飲みたいと言い出したのでSAに立ち寄り。

大手コーヒーチェーンの支店がその地域の工芸品を紹介するってなかなか良い取り組みだな、なんてちょっぴり感心してみたり。

IdeaSafari

日陰を求めて

夏の本気の日差しがあってはじめてキリキリと冷たい小川の愉しさがある。

この季節には (砂漠の民でなくても) 日陰の嬉しさというのがよーくわかる。

IdeaStyle

坐る

小さな頃は旅館やホテル内の探検が好きで、館内に置いてあるソファは何のためにあるのかなといつも思っていた。

朝、少し早めに起きてゆっくり温泉に入り、ロビー階のソファに体重を預けると、全身の力が抜けていくのがわかる。

窓の外からは柔らかな風が入ってくる。

IdeaSafari

境界

地形的に小高いところに置かれるということもあるだろうけど、お寺や神社にお詣りするときに階段をのぼるのが好きだ。

鳥居や門をくぐった瞬間に別の世界に入り込んでしまったような感覚に包まれる。

野球やサッカー観戦の際、試合開始から少し遅れてスタンドへ行くときの異世界に入っていく感覚も好きだったりする。

IdeaLectio

夏至

夏の旅行の予定を妻と打ち合わせて

手帳にスケジュールを書き込んだら

なんだかすっかり夏の気分に。

でも今年は家族で過ごす春を取りこぼしてしまったから

もう少しの間、梅雨のこの時期を皆でしんみり味わっていてもいいかななんて思ったりして。

IdeaSafari

雨に濡れても

濡れた木肌と、樹上から滴るしずくが好きで、時折り傘も差さないで散歩する。

ひっそりとした樹々に囲まれて深呼吸すると、なんとなく擦り減ってきてしまった自分の心を蘇生できるような感じがしている。

Idea

プライオリティ

束の間、ここ何年かの自分を振り返っていた。

物事に優先順位をつける、ということは実生活においてこれほども有用なことなのか。

フムフム。

社会で生きていくうえで、夫や父としての役割を果たすうえで、いま必要とされているのはコレかもしれないな。

なんて思いながら過ごしてきた。

でも、新型ウィルスが世界を変え、それぞれの地域や家庭のあり方を変え、日々の生活や価値観をすっかり変えてしまった今になってはじめて

どうも何か大事なモノをぽろぽろと落としてきてしまったような気もしている。

落としてきたものが何なのかも、じゃあ一体どうしたら良かったのかということもまだわからないけれど。