Lectio

「蒲生殿は、戦さ上手である」

と、秀吉はほめた。

「たとえばである。ここに故右大臣様 (信長) と蒲生殿が合戦するとする。その人数は右大臣様が五千、蒲生殿が一万、おのおのはいずれへ味方せられる」

「どうだ」

といったが、家康でさえくびをひねった。まして宇喜多秀家、毛利輝元程度の凡庸の男には解けそうにない。秀吉はみずから解答を出し、

「わしは故右大臣様に味方する」

といった。信長方は多勢に無勢で敗戦するであろう。「しかし」と秀吉はいう。

「なぜなら、蒲生方から兜首五つ討ち取ったとすると、かならずそのなかに氏郷殿の首が入っている」

「ところが織田方は五千のうち四千九百人まで討ち取られたとしても、故右大臣様はなお生き残った百人の中に入っているだろう。故右大臣様は生きてあるかぎり、かならず再起をはかる。ついには勝つ」

司馬遼太郎 『新史 太閤記』

Lectio

どれだけの水を注ぎ入れても

- 安らかで静かな心は、自分の人生のすべての部分を訪ね歩くことができる。

これに対して、多忙な人間の心は、まるでくびきをかけられたかのように、振り返って背後を見ることができない。

そうして、彼らの人生は、深い闇の中に消えていくのである。-

セネカ 『人生の短さについて』

Lectio

私の胸の中の悲しみの一つとして

- 私はほほえみながら弓をあちこちに動かし、

私の血のにじむ命をかなでる。

そしてだれも現さなかったものを現わす-

だが、いくらひいても、私はもう楽しくなれない。-

ヘルマン・ヘッセ 『ヴァイオリンひき』

Lectio

青い屋根

屋根は昔から好きで、

自分の人生を振り返ってみても、窓から屋根を眺められる部屋ばかりを選んできた気がする。

抜けるような青い空、も良いものだけど

あの時代のパリの青もまた素敵だったんだろうな、なんて画集をパラパラしながら。

Lectio

「大人のための」

子どものお友だち向けのプレゼントを選ぶために訪れたオモチャ売り場で、『トミカ』も色んなものを作ってるんだなフムフム、なんだか感心。

家に帰ってからも、トミカの電子ムックを読みながらフムフム。

でも、お願いだから「大人のための」は用意しないで欲しい。財布の紐の緩んだ僕たちに向けた商品は用意しないで欲しい。。

Lectio

夜の魔法の世界に

「 一日のいとなみに疲れて、

私の切なる願いは

疲れた子どものように、

星月夜をしみじみと抱きしめる。」

ヘルマン・ヘッセ 『寝ようとして』