IdeaLiving

ゴロリ

ウィズコロナの世界では瞑想が人気らしい。

僕も時々それっぽいことをやってみるけれど、体質的に合わないのか、リラックスはできても何となく次への活力みたいなものが湧いてこない。

それよりは、考えごとをしながらでも良いからゆっくり散歩して、歩くのに疲れたら芝生やベンチに少しの間ゴロンとして、空を見上げたりする方が自分にはしっくりくる。

帰り道は、気持ち早足で帰ったりして。

GastronomieIdea

ベホイミのある人生

体調が下り坂なので妻に「鍋焼きうどん」をつくってもらった。

ドラクエで言うと、僕にとってはベホイミに近いかなと思っている。

ホイミは散歩と珈琲とチョコレート。

ベホマは…やっぱり旅行だろうか?

回復魔法なんて使う必要のないくらいの方が幸せと感じる人もいるかもしれないけれど、

日常のちょっとしたところにホイミやベホイミ沢山ある人生の方がなんだか楽しいような気はしている。

Lectio

時間

ナショナルジオグラフィックを久しぶりに読む。

webの世界が構築されるずっと前から僕たちは書物や雑誌を通じて世界を眺めてきたんだよなとあらためて思う。

もちろん人間がつくった文字や写真だけではなくて、例えば化石や地層にも、この惑星の気の遠くなるような時間が閉じ込められている。

Gastronomie

待ち時間はどこへ

純粋に何かを待っている、という時間は世の中からいつの間にか消えてなくなってしまったのかもしれない。

世界は面白そうな雑誌や本で満ちているし、スマートフォンはアレをやれ、コレをやれと次々にタスクを課してくる。

そうこうしているうちにケーキは運ばれてくるし、絶妙なタイミングで紅茶だってやってくる。

IdeaSafari

恵比須尊

エビス様の御利益については詳しくないけど

思わず拝みたくなる気持ちはわかる。

やっぱりあの「まろやかさ」が人々を惹きつけるんだろうか。

IdeaLiving

音や色彩

子供と接するときに痛感するのが、

オトナになる過程で、世の中にある「いい音」だったり「素敵な色合い」だったり、それらを発見したときの驚きや喜びみたいなものを

いつの間にかどこかへ失くしてきてしまっていたなということ。

Idea

照らす

ヒトは初めに火を、それから灯りを手に入れたことによってこの世界を覆っていた闇を追い払った。

それでも力強く猛々しいそれではなく、柔らかい、仄かな明かりを求めるこの気持ちはどこから来るのだろうと時々思う。

Safari

夏を覗く

この頃、日本の家屋が生み出す陰翳 (いんえい) のことを本当に美しいと感じるようになった。

最後の夏の光と、蝉の声と。