IdeaLectio

あこがれ Les Mistons

ベルナデットが街から森へと自転車で駆け抜ける姿は、何度観てもウットリしてしまう。

原題は”悪ガキども”って意味だと思うけれど、作品を知ると、邦題の “あこがれ” の方がしっくり来る。

無性にフランソワ・トリュフォーの古い映画が観たくなったのは、久しぶりに『海辺のカフカ』を読んだせいだ。

さっきまたパラパラと読んでいて、むかし高松を訪れた理由も思い出した。

LectioSpiel

ロバと王様と私

-明日はみんな死んでます

ロバは飢えで

王様は退屈で

そして私は恋で

時は五月

人生はさくらんぼ

死はその種

そして恋は さくらの木-

高畑勲展で掛かっていてずっと気になっていた作品。

今の時代のこの国に生まれ育った自分が絶対的な権力者による支配というものを本当の意味で理解するのは難しい。

けれど、人間が暴力を伴わずに淡々と消されていく世界というのは何かしら今の現実の世界に通ずるものがある。