IdeaLectio

樹々の想い、樹々への想い

-(われわれ人間を) 馬鹿に忙しい生物ができてしまったなと、そういう感じで見てるのではないですかね-

NHKのETV特集で脚本家 倉本聰さんの『巨樹の声が聴きたい』を観た。

長崎で被曝したクスノキもまだ命を繋いでいる。

巨樹の下では子どもたちが楽しそうに遊んでいる。

一度は科学の炎に灼かれた樹は、戦争の前も、戦争の後も、変わらず同じ場所で僕たちを見ている。