GastronomieStyle

コーヒーブレイク

僕たちは、眠っている時間以外は何かしらの目的を持って行動している。

「何もしていない時間」というのがどこかにないかな、と考えてみると僕にとってのそれは珈琲を飲んでいるときかもしれないと思った。

( 煙草を吸う人はタバコを咥えている時間がそれにあたるかもしれない )

砂糖もミルクもいらないし、淹れてもらったコーヒーを、小さい子どものように、ただボーッとして飲むだけ。

椅子に座って久方ぶりにのんびりとした時間を過ごすと、ごちそうさまと言って静かに店を出る。

GastronomieLiving

夏色

いつもより家で過ごす時間が長くなり、

空調の効いた部屋に慣れてきてしまったけれど

やっぱりジワジワジワと鳴く蝉の声と

灼けるような陽光を感じなければ

夏が来たという感じがしない。

お店を出ると、どこか遠くから風鈴の音が運ばれてくる。

Gastronomie

プディング (言いたいだけ)

珈琲が飲みたくて入った喫茶店で甘いものを一緒に頼む習慣ができつつある。

クラシックな喫茶店だからプリンでしょとか、この店のコーヒーだったらチーズケーキでしょとか、あれやこれや考えるだけでいちいち楽しい。

LivingStyle

図書館のあとは

妻に少し時間をもらって、

図書館で好きなだけ本を読んで

目に入った喫茶店に入り、何も考えずに黙々と珈琲をのむ。

これ以上の休暇はないのではないかと思う。

人の淹れたコーヒーがいちばんおいしいって誰が言ってたんだっけな。

LivingStyle

冬の足音。

ふらりと入った喫茶店に引き込まれるような絵が掛かっている。題名も作者もわからない。

雪深い土地に住んだことはないけれど、外から眺める家の中の灯りの暖かみは僕にもわかる。

Gastronomie

がらんどう

いつの頃からか、考えごとをするときには珈琲を淹れるようになっていた。

おかげでコーヒーの香りを愉しむのも束の間、すぐにくだらないことに頭を使う悪しき習慣がついてしまった。

「店内が暑かったから」というただそれだけのことではあるけれど、

ひさしぶりに何も考えず、自分をからっぽにして飲むコーヒーは何だか不思議な程おいしく、幸福な時間を過ごした。

Gastronomie

喫茶

プロが淹れているから、というのは勿論あると思うけど、喫茶店でボーッとしながら味わうブレンドって何だか特別な味がする。

待ってる間の時間も好きだったりする。

あと、焼いた方のチーズケーキもやっぱりおいしい。

Gastronomie

冬の過ごし方

夏は好きだけど冬は大の苦手で、風の強い日なんかに外出すると、一日憂鬱な気分になってしまう。

大通り沿いに古い喫茶を見つけ、中へ入ってみる。

老夫婦がやっているお店のようだけど、メニューには僕の好物のココアが載っている。

七輪やストーブの上に置かれたヤカンを眺めながらボーッとしていると、

「今からお餅を焼くんだけど、食べていかない?」と声を掛けてくれた。

焼きたての磯部もちを頬ばりながら、冬も悪くないなと思った。