LivingStyle

図書館のあとは

妻に少し時間をもらって、

図書館で好きなだけ本を読んで

目に入った喫茶店に入り、何も考えずに黙々と珈琲をのむ。

これ以上の休暇はないのではないかと思う。

人の淹れたコーヒーがいちばんおいしいって誰が言ってたんだっけな。

LivingStyle

冬の足音。

ふらりと入った喫茶店に引き込まれるような絵が掛かっている。題名も作者もわからない。

雪深い土地に住んだことはないけれど、外から眺める家の中の灯りの暖かみは僕にもわかる。

Gastronomie

がらんどう

いつの頃からか、考えごとをするときには珈琲を淹れるようになっていた。

おかげでコーヒーの香りを愉しむのも束の間、すぐにくだらないことに頭を使う悪しき習慣がついてしまった。

「店内が暑かったから」というただそれだけのことではあるけれど、

ひさしぶりに何も考えず、自分をからっぽにして飲むコーヒーは何だか不思議な程おいしく、幸福な時間を過ごした。

Gastronomie

喫茶

プロが淹れているから、というのは勿論あると思うけど、喫茶店でボーッとしながら味わうブレンドって何だか特別な味がする。

待ってる間の時間も好きだったりする。

あと、焼いた方のチーズケーキもやっぱりおいしい。

Gastronomie

冬の過ごし方

夏は好きだけど冬は大の苦手で、風の強い日なんかに外出すると、一日憂鬱な気分になってしまう。

大通り沿いに古い喫茶を見つけ、中へ入ってみる。

老夫婦がやっているお店のようだけど、メニューには僕の好物のココアが載っている。

七輪やストーブの上に置かれたヤカンを眺めながらボーッとしていると、

「今からお餅を焼くんだけど、食べていかない?」と声を掛けてくれた。

焼きたての磯部もちを頬ばりながら、冬も悪くないなと思った。

Gastronomie

壺中天

なんだかチョット疲れていたので甘いモノをお願いした。

背の高いグラスに品よく収まったキャラメル風味のソフトクリームを食べ進めると、最後に懐かしい食感。

もしかしてこれは僕の愛するコーヒーゼリーでは?

ほんの数分、幸せな気分になれた晩秋の午後。

Gastronomie

トーストの一種

フレンチトーストというのは “おやつ” なんだと長いこと信じてきたけど、ランチメニューにもなるんだな。

コレも勿論おいしいけど、サクッとした感じのヤツも好きだったりする。