IdeaSpiel

正月遊び (福笑い)

息子と散歩していると、地元の小学校の正門が珍しく開放されていることに気付いた。

ちょっとドキドキしながら校庭を横切り、体育館の方まで歩いてみると、どうも在校生とその家族を集めて正月遊びのイベントをやっているらしい。

「小さいお子さんもどうぞ。お父さまも遊んでみませんか」

と誘われ、福笑いに挑戦してみた。

目隠しして受け取った顔のパーツ(らしきもの)を並べていくのはなかなか難しい。

「子どもの遊びとはいえ、久しぶりにやると案外難しいものですね」なんて言い訳して立ち去りながら、考えてみれば子どもの頃にだってやったことないなと思った。

テレビか何かで観たことはあるし、知っているけど、やったことはない。

文化というのは、いつかそうやって、いつの間にかプツリと途絶えてしまうものなのだろう。

Safari

譲葉 (ユズリハ)

庭園内の説明書きにはこうある。

「常緑高木。葉は枝先に輪生状に集まって互生し若葉が伸びてから古い葉が落ちる。

ので譲葉 (ゆずりは) と呼ばれている」

ので、の唐突な繋ぎ方が気に入っている。

そしてなにより名前が気に入っている。

Safari

啄む (ついばむ)

僕は動物たち (ヒトも含む) がモノを食べてるところを眺めるのが好きで、

たとえば肥えた小鳥が木ノ実を食べてるところなんかを見つけられたら、それだけでけっこう幸せな気分になれる。

今朝の散歩道でも彼らの食事中の姿をみつけることができた。

大胆に食べ残された柑橘類もやけにおいしそうに見えた。

GastronomieSafari

ALPS

散歩ついでに食パンを買いに来たのだけど、

どれもおいしそうで、思わず白パンも買ってしまった。

アルプスとかロッキーとかって名前の付け方も好み。

IdeaSafari

ネットワーク

目が合うと、ギーコギーコとやりたくなってくる。

考えてみれば、この黒光りした物体を介して遠くの人と繋がることができるようになったのってすごい発明だよなと、今更ながら感心してみたり。