LectioSafari

このままでは嬉野がしまえる(なくなる)

日経新聞に嬉野の地域おこしのことが書いてあって、前に訪れたのはいつだったかなと記憶を辿ってみたが正確には思い出せない。

少なくともその時期にはTea Tourism (お茶ツーリズム) なんて言葉は使われていなかったし、お茶をゆっくり堪能する心の余裕なんかも当時の自分は持ち合わせていなかったのだろう。

おいしいお茶と、それを味わえる空間があって、伝統ある宿には温泉まであるのだから、それだけでももう一度訪れてみる理由はあるなと思った。

GastronomieIdea

麝香葡萄 (マスカット)

ふるさと納税で届く果物たちのおかげで、この頃は朝の目覚めが楽しみになった。

皮ごと丸々食べられるフルーツを愛する僕と息子にとっては、マスカットタイムは至福のひととき。

小さな頃からなぜだか外国の港町が好きで、アレクサンドリアもいつか訪れてみたいと憧れている。

マスカットの原産地とされる北アフリカは、まだ栽培の適地なのだろうか。