Gastronomie

きよし

深大寺界隈には他にも旨い蕎麦屋があるのは知っているのだが、別盛りの”鴨のたたき” が食べたくて、いつもこの店に来てはコレばかり頼んでしまう。

鴨せいろ 別盛

あと、お店の名前が何となく好き、というのもあるかもしれない。

Gastronomie

夏の口福 (こうふく)

眩暈がするようなカンカン照りの夏の午後。

水分補給も兼ねて、そば屋に立ち寄る。

歳を重ねる毎に思うのは、美味しい・美味しくないというのは”食感”にも大きく左右される、ということ。

蕎麦のツルツルとか、なめこのヌルッと感、おろしのサラサラ。

夏場の幸せというのは、”喉ごし”だけじゃないですね。