GastronomieLectio

湯の帰りに蕎麦を手繰らないと、よく眠れない

-私を可愛がってくれた曾祖母も、何かごちそうをしてくれるといえば、蕎麦やであった。

先ず、曾祖母は、天ぷらなどの種物 (たねもの)をとってくれ、自分はゆっくりと一合の酒をのみながら、

「おいしいかえ?」

などと、はなしかけてくる-

池波正太郎 / 散歩のとき何か食べたくなって 『藪二店』

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中