Uncategorized

僕たちはなぜ死ななくてはいけないの?

生まれて一番最初の記憶は、幼なじみの死と結びついている。

記憶のなかの最初の僕は幼なじみとのお別れの会で「お母さん泣かないで」と言っている。

それから月日が経ち、5歳の誕生月のある日、仲良しの同級生と遊んでいるときに、何の前触れもなく涙が出て「いつか終わりが来ること」が怖くなった。

そのとき遊んでいた友だちとはその場で別れた。もう誰とも友だちになんてなりたくないと思った。

父と母に、僕たちはなぜ死ななくてはならないのかと聞いてみたけれど、2人とも首を振るばかりで何も答えてはくれなかった。

年齢を重ねるごとに死への恐怖は薄らいできた。でもまだ答えは見つかっていない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中